HOME > 一般歯科・歯周病・根管治療

一般歯科・歯周病・根管治療

一般歯科

一般歯科
虫歯治療について

虫歯とは、細菌が出す酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態をいいます。初期の段階では自覚症状がありません。そのため、虫歯になっていることに気づかないことが多いのが特徴です。
一度むしばまれた歯は、放っておくと、どんどん進行します。早い段階で治療をすれば、治療もすぐに終わりますが、進行すると、時間もお金もかかります。
早めに治療を受けることが非常に大切です。

一つひとつの処置を確実に行う虫歯治療

「無駄な部分は削らず、やられてしまっているところは確実に取り除く」ことは、虫歯が再発しないようにするために非常に重要です。さらに、削った後に詰め物をしますが、詰め物と歯の間にすき間があるとその部分から虫歯が発生してしまいます。当院では詰め物の適合も一切妥協しません。

症例はこちら

歯周病

歯周病について
歯周病について

歯周病とは、歯周組織の病気です。主に細菌感染によって引き起こされ、歯茎が炎症で赤くなったり腫れたりします。症状が進行すると、歯を支える骨が溶けて、最後は歯が抜けてしまうこともあります。
痛みなど自覚症状がないまま進行するので、気づきにくい病気ですが、炎症が続くと細菌や有害物質が血液中に流れ込み、全身に影響が及ぶ可能性があります。できるだけ軽いうちに治すことが大切です。

歯周病から歯を守る方法は「予防とメンテナンス」

歯周病の原因は歯垢で、歯垢には歯周病菌が無数にいます。頑張っても数をゼロにすることは難しいため、菌の数を減らし勢力を抑える、つまり歯周病菌をコントロールすることが重要です。
初期症状として、歯肉が赤くなる、出血、違和感などがあります。この段階で処置を行うと、進行を抑えることができます。さらに生活習慣の改善により重症化を防ぐこともできるので、早い段階で適切な処置を行い、継続することが大切です。
当院では個々の状態に合わせて、ブラッシング方法を丁寧に指導するとともに、定期検診を受診されることをお勧めしています。

症例はこちら

根管治療

根管治療について
根管治療

根管治療は、一般的に「歯の根の治療」といわれています。虫歯が神経にまで達して炎症が起きてしまった場合、歯の土台を支える根管の処置をしっかりと行わなければ、歯が抜けたり、割れてしまったりする可能性もあります。

大切な歯を長く残すために

神経の通っている穴と、それにつながる根の中の管の数や形は人によって違い、直接見ることが難しく、繊細で根気のいる作業です。
根管治療は技術を必要とし、完治するまでに長い期間を要しますが、歯の寿命を左右する重要なカギになりますので、根気よく治療をし、経過をしっかりと見ながら、丁寧に確実に治療を行います。

症例はこちら

歯科用CTについて

歯科用CTで正確な検査を

当院では被ばく線量の少ない歯科用CT装置を導入し、安全なインプラント治療・歯周病治療を心がけています。
また一般歯科やエンド治療にも使用し、より確実な治療を行っています。

初めての方も安心してお越しください
初めての方はこちら
お問い合わせ ホームページを見たとお伝えください
TEL.092-843-5556

大きい地図を見る住所〒814-0104
福岡市城南区別府6丁目5番1号
診療時間平日
9:00~13:00/14:30~19:30
土曜
9:00〜12:30 /13:30〜16:00
※第3水曜日は18:00まで
定休日日曜・祝日ホームページを見たとお伝えください TEL.092-843-5556

詳しくはこちら